ハッピーメールで知り合った五十路熟女は高橋ひとみ似のマゾヒスト

管理人の勇太です。

 

僕は気の弱い性格ですが、女性をいじめてみたいと思うことがたまにあります。

 

会社ではいつも怒られっぱなし。

 

人を怒ることはないし、そもそも人を怒ることが出来ないのです。

 

そんな折ハッピーメールの掲示板で見た書き込みが目に留まりました。

 

ハッピーメールの掲示板で見つけた五十路熟女

 

その掲示板をパッと見た時は、まさか僕の大好きな五十路熟女だとは思えませんでした。

 

 

年齢的にもっと若い女性かな?

 

そう思いつつ眺めていたら、なんとれっきとした五十路熟女でした。

 

僕は会社では弱い立場なので、強い立場で人と接してみたいと思ったので渡りに船です。

 

早速メールしました。

熟女たちは年齢を重ねるたびに、エッチの時の快感がますます強くなると言われています。

 

掲示板に投稿した五十路熟女もノーマルなセックスに飽きていたのでしょう。

 

本当の女性としての悦びを、実感出来ている人はあまりいないのではとある記事でも紹介されていました。

 

でもハッピーメール掲示板の女性は、女性の喜びを体感できていて、さらにその先を極めたいと思っているのかもしれません。

僕が一年ぐらい前に知り合った女性は、まさにそんな感じの女性でした。

彼女は50歳の既婚女性で、家庭内別居で、すこし前から出会い系サイトを始めたようです。

 

セフレにしやすい人妻の特徴5つに当てはまれば迷わず口説くべし

ハッピーメールの五十路熟女はマゾヒスト

 

“どんな出会いを探しているのですか?”

“少し歳下の女性の扱いになれているような男性かな~

 

“私は少しマゾっけがあるのでソフトにいじめられて見たいです。”

 

ハッピーメールの掲示板を見ているS系の人やM系の人の書き込みをたまに見かけます。

 

僕は今までこの手のタイプは興味なかったのですが、急に気になりだしたのは、長い冬眠から目覚めたのかもしれません。

 

知り合ったばかりの頃は差し障りのないやり取りでしたが、お互いの恋愛体験などの話題からうち解けてきました。

 

彼女も僕と同様に今までに複数の男性と知り合っているらしく、そんな話からスグにラインのやり取りに切り替えて一気に仲良くなっていきました。

 

ラインでの写メ交換をしますと、彼女は年齢より若く見えるかわいい女性で、バストが素敵だって言われるのよと自慢げに話をしてくれました。

 

どうやら彼女は、我を忘れるぐらいに夢中になれるエッチに憧れているらしく、女盛りを迎えてますます性欲が強くなっているみたい。

 

ただし、ノーマルなセックスでは満足しないみたいです。

アブノーマルの道に興味を持ったのは出会い系で知り合った男の存在があるようです。

 

知り合ってから3週間目には食事でもと誘うと彼女は喜んでくれました。

ハッピーメールで知り合った五十路熟女はデブマニアも驚く超巨漢

ハッピーメールで知り合った五十路熟女は高橋ひとみ似

僕がいつも使っているサイトはハッピーメールです。

出会い系サイトはポイント代が必須です。

しかし、風俗で1回2万円を払うと思えば、断然出会い系サイトの方がコスパがいいのは明らかです。

それにプロで性欲処理は味気ないですよね。

出会い系サイトには人妻の割合が30%を超えています。

彼女たちも不倫を求めているのです。

素人女性とのセッ〇スは風俗とは比べようもない刺激と快楽です。

上手くいけばタダでセフレがゲットできるかも?

登録は無料で簡単です。

↓ ↓ ↓

ハッピーメールに登録して無料ポイントゲット!

*今なら1000円分のポイントがもらえます。

デートの約束の当日にはドキドキしながら待っていると、写メの彼女が現れました。

写メよりも華やかでどこか高橋ひとみ似の素敵な雰囲気です。

ロングスカートを大人っぽく着こなしていて、ヒップのラインがとても素敵。

 

彼女自慢のバストにも、目が釘付けになりました。

 

近くの豊月という和食店で食事をしながら、話題は今までのお互いの恋愛体験が中心で盛り上がっていました。

 

彼女は40すぎまでは浮気経験がなく、旦那とのエッチもこんなものかと思っていたのですが、初めて経験豊富な男性とのエッチであまりにも快感がすごくって

目からウロコ状態だったみたい…

 

少し前にエッチの上手な男性と知り合えて、今までのエッチが何だったのかしらとビックリしちゃったの(笑)

 

食事の後に静かなバーで飲んでると、彼女とは恋人のように手を握り合ったり身体をくっつけあったりしていて、お互いに完全にエッチモードになっていました。

 

2人っきりにならない?

 

と聞くと嬉しそうに、

 

私もそうしたい~

その後にホテルへ。

ハッピーメールの登録手順と使い方を画像入りで詳しく解説

ハッピーメールの五十路熟女とSMプレー初体験

 

緊張しなくても大丈夫だよ。かわいいね
あの~いろいろと道具を持ってきたんだけど宜しくね

 

私、もしかしたら変態かもね(笑)

 

調教してほしいんでしょ?

 

痛の嫌だからソフトにお願いね 

 

僕は優越感に浸りながら彼女に応対しました。

いつもはどちらかというと、出会い系で知り合った女性の言いなりになっていましたが、今日は違います。

 

どんなことしてほしいの? 

 

目隠しされたいの、あとはあなたの自由よ 

 

そして、彼女はシャワーを浴びるために先にバスルームへと消えていきました。

 

ガラス越しの彼女の裸は弾力のありそうなお尻とDカップはありそうなバストを見ていると、たまらなくなりました。

 

彼女がシャワー室から出てきた後、僕がシャワーを浴び、プレーが始まりました。

 

早速彼女を目隠しして、手錠をはめました。

 

彼女の自由は足を動かすことぐらいです。

 

僕の前に無防備な彼女がいます。

優越感でいっぱいの僕がそこにはいるのです。

 

ローターで一気にではなくじりじり攻め立てました。

太もも、胸を弱い振動で這わせると

 

アッ、アッ~ 

と声を出し始めました。

 

彼女の陰部をそっと触るとぬるっとしているので、

 

濡れているじゃないかスケベな女だ!

 

僕も興奮してきました。

気弱な僕が、そんな暴言を吐くなんてありえない!

 

しばらく足首やお腹あたりをローターでじりじりさせていると、

 

ねえ、アソコにあてて

 

アソコじゃわからん、はっきり言え!

 

クリトリスにあてて

 

いやらしい女だ!

 

目隠ししたたま俺のチンポなめろ、そうしたらご褒美だ

 

僕はだんだん興奮してきて、そんな下劣なことが言える自分にびっくり。

 

目隠ししたままのフェラで僕は一気に上り詰めてしまいました。

 

彼女のフェラも上手かったのですが、あっという間に彼女の口の中で射精。

5年間付き合った人妻と1回限りの人妻クンニ事情

さすがにそのままではまずいと思い、彼女の口にティシュをあてがい、精液を吐き出させました。

 

僕は射精したことですっきりしたのですが、彼女はまだイッていないので悶々としていました。

 

フェラのご褒美だ

ローターをクリトリスに接触させると

 

アッ、イク、イク、イク~

とすぐに昇りつめていきました。

 

多くの男性たちは滅多にこんな女性とは巡り合わないのではと思うと、とても得した気分になります。

 

その後彼女とは音信不通になってしまいました。

 

SMの経験もなくテクニックもない僕では役者不足だったのかもしれません。