ハッピーメールで出会ってセックスした熟女はアナル好き

人妻・熟女出会い体験談

アナルセックスというと何か特別なイメージがありますよね。

 

でも日本では、武士や僧侶の世界で男色文化として行われていた行為です。

 

痛そうと思ってしまいますが、アナルセックスにはまってしまうとものすごい快感を得られるのだそうです。

 

ハッピーメールでアナルセックス好きの熟女との出会いがありました。

 

たまたま出会った一人ではなくて3人の熟女とアナルセックスを体験しました。

 

アナルセックスは特別なものではないようですね。

 

ハッピーメールで見つけた熟女はアナルセックス大好き

 

ハッピーメールでアナルセックス好きの熟女と出会う

 

出会い系で知り合った女性たちの中には、普通のエッチよりもアナルのほうが感じちゃうという人妻たちが意外に多くってびっくりです。

 

一体、みんなどこで誰に教えてもらったりするんだろうと不思議に思ってしまいます。

 

もちろん旦那に教えてもらって病みつきになったりもしますが、やっぱりアナルとなるとこっそり出会い系かな?

 

出会い系でセフレになり男性に教えてもらったりしている女性たちの方が多そうです。

 

僕が2年ぐらい前にハッピーメールという出会い系サイトで知り合った熟女もアナルが好きでした。

下記のサイトで出会いました。

ハッピーメール公式サイトへ

 

[aside type=”normal”]

なんとなくですが、アナルに夢中になる女性は、どちらかというと大人しい感じです。

まさかこんな女性がアナルにハマっているとは思えないのです。

[/aside]

 

出会い系で知り合ったアナル好きの熟女とはその後月1回のペースで会いました。

 

出会い系からセフレの関係を築きましたが、半年経った頃ぷつりと連絡が途絶えてしまったのです。

 

でも僕はその頃、もう一人セフレを出会い系で見つけていたので、あまりくよくよしませんでした。

 

それに後ろより前の方が僕は好きなので…………。

 

セフレになった熟女とはハッピーメールで知り合う

 

彼女と知り合ったのは、サイト内の日記コーナーで僕の日記を見てコメントをくれたのがきっかけです。

 

50歳の人妻でした。

僕の好物の五十路熟女です。

 

初めのころはお互いになんとなくヨソヨソしい感じで、あまりやり取りも盛り上がりませんでしたが、恋愛歴の話題から楽しくやり取りが続きました。

 

 

どうやら彼女は恋愛体質ですぐに相手の男性に惹かれちゃうタイプで、悪く言えば男性に弄ばれるようなスキの多そうな女性でした。

 

“楽しい恋愛とかもあったのですか?”

“私はすぐに夢中になっちゃうから…

 

主婦でもあるし、やっぱり出会い系サイトなんかには向いていないみたい(苦笑)”

 

確かにそんな感じが。

 

知り合って1週間でラインに切り変えてくれて写メ交換をしますと、送られてきた彼女の写メは思っていたよりも若々しさと女性らしいかわいさのある大人しめの雰囲気の女性でした。

 

こんな女性が、旦那にバレずにコッソリと出会い系サイトで他の男性に抱かれているなんて…

 

ラインで毎日深夜まで楽しくやり取りをしていて、そのうちお互いに一緒に食事をしようという事に。

 

待ち合わせの当日にすでに待ち合わせ場所にいた彼女は、上質そうなニットにゆったりしたロングフレアのスカートはいていました。

 

雰囲気が紺野美沙子似の清潔感のある女性で、彼女のような女性が男遊びをするなんて信じられなかったです。

 

スカートから見える足は細く、スタイルにも気を遣っている様子がありありでした。

今時の五十路熟女は本当に綺麗で色気ぷんぷんです。

 

ハッピーメールのアナル好き熟女は紺野美沙子似

 

近くのCARTAというオシャレなレストランでの食事は楽しく、控えめな彼女もすっかり酔ってかなり妖しい雰囲気に。

 

店を出ると腕をからめてきたので、そのまま自然にサンマルコというホテルへ行きました。

 

彼女はかなり緊張している様子で、部屋に入って明かりを暗くすると身体がこわばっている感じがしました。

 

紺野美沙子似の清潔感のある女性そのままです。

 

一緒にシャワーを浴びましょうよ

 

エッ…恥ずかしいわ~

 

といいながらも自分から服を脱ぎ出し裸になると意外に魅力的な身体をしていてビックリ♫

 

バストは小ぶりですが、大きめのお尻はかなり抱き心地が良さそうです。

五十路熟女になっても美貌を保つ努力は相当しているなあと感じました。

 

[kanren postid=”2963″]

 

シャワーを浴びながら抱きしめてキスをすると、お互いに身体を触りまくっていてそのうち彼女は濃厚なフェラを始めました。

 

もうそこには紺野美沙子の清潔感のイメージは徐々になくなっていったのです。

 

なかなか上手で、意外に経験が多そうなのかな…

お返しにクンニをすると、バスルームに響き渡るぐらいの喘ぎ声をあげ始めて、

 

早くベッドで愛して欲しくなっちゃったわ

 

と笑っていました。

 

そしてベッドで抱き合って1回目の絶頂を済ませた頃に、

ね~、お願いがあるんだけど、お尻に入れて欲しいの~

 

一瞬耳を疑いましたが、どうやらアナルに入れて欲しいみたいです。

 

もうここまでくると紺野美沙子の清潔感は吹っ飛びます。

 

ゆっくり慎重にアナルに入れて、少しずつ動くと彼女の反応はかなり激しくなっていました。

 

相当感じているみたいwww

 

自分からお尻を動かして快感を楽しんでいる様子は、彼女の雰囲気からはやっぱり想像出来なかったです。

 

スッゴイ気持ちがいいの…おかしくなりそう~

とその後は何度も昇りつめていました。

 

そんなに気持ちがいいの? 

 

以前におつき合いした元AV男優に教えてもらったら、完全に開発されちゃって病みつきになっちゃったの(笑)

 

こんな話しを旦那が聞いたら、間違いなく卒倒してしまいそう。

 

アナルの快感を知ってしまうと、普通のエッチでは物足りなくなってしまうほど、強烈に感じるらしいです。

 

エッチの楽しさや気持ち良さに目覚めた人妻たちは、さらに激しい快感を求めてアナルを経験したいと思うのは当然かも。

 

だからアナルの味を覚えた人妻たちは、コッソリと出会い系サイトで一緒に楽しめる相手を探しています。

[aside type=”normal”]

今回使ったサイトはハッピーメールです。

会員数が多く出会い系の中では1,2位を争う出会い率の高さという男性の口コミが多いです。

真剣なお付き合い、婚活目的の使用には向いておりませんので、目的を考えた上で登録お願いします。

登録後は無料ポイントがもらえるので、運が良ければタダで出会えるかもしれませんが、ある程度の出費は覚悟しておいた方がいいかもしれません。

風俗で1回2万円を払うと思えば、断然出会い系サイトの方がコスパがいいのは明らかです。

それにプロで性欲処理は味気ないですよね。

素人女性とのセッ〇スは風俗とは比べようもない刺激と快楽です。

しかし、実際出会い系に初めて登録する人は不安ですよね。

僕もそうでしたよ。

登録が無料だからと言ってあとからお金かかるんじゃないだろうか?

僕みたいなブサメンでも本当に出会えるの?

不安でしたがとりあえず試してみようと思い登録しました。

でも最初は思うようにいかなくてメールしても返事がないしね。

来るのは怪しいメールばっかりで、多分業者だと思います。

サイト側でも業者追放で眼を光らせているけど、すり抜けてサイトに入り込んでくるようですね。

ただ、サイト側からもメールで○○を退会処分にしましたとメール連絡が来たりしていたので業者追放に努力しているみたいです。

後で気が付いたんですけど、メール出しても返事がないのは僕のプロフがスカスカだったので適当な男と判断されたんだと思います。

やっと初めて出会いの約束を取り付けて、ワクワクドキドキしながら待ち合わせ場所に行ってもすっぽかされたので、もう退会しようと思ったこともありました。

まさに継続は力です。

本記事は失敗談ですが、退会しないで継続したおかげで念願のセフレをゲットすることに成功しました。

会ってみたら写真とまるで違う!というケースもあったけど、僕もブサメンだしね贅沢は言えません。

中には結構綺麗な人もいましたよ。

ハッピーメールは 月額料金のマッチングアプリと違い、ポイント制なので登録して放置しても金がかからないし継続課金の恐れもありません。

尚、登録には電話番号確認と年齢確認が必要ですが、不正登録を防ぎ悪質利用者を排除するためなので必ず行いましょう。

 

ハッピーメール登録はこちらから

*今なら1000円分のポイントがもらえます。

【ハッピーメールの登録手順はこちらの記事でご紹介しています】

↓ ↓ ↓

[kanren postid=”4072″] [/aside]

 

ハッピーメールで知り合った片平なぎさ似の熟女はアナルセックス好き

 

あまり女性にモテないと自覚していて、性欲モリモリの人は、ちょっと思考を変えてみたら上手くいくかもしれませんよ。

 

狙いを五十路熟女に絞るのです。

 

ハッピーメールで五十路熟女狙いが大当たり

 

僕は40代の独身で普通の会社員なのですが、普段は全く女性には人気がなく、お金を貯めては風俗で楽しむぐらいしか楽しみがなかったです。

 

そんな時にネットで出会い系サイトで五十路熟女たちと仲良くなれたという体験談を読んで、半信半疑でハッピーメールに登録して募集を始めました。

 

とにかく大人の色気がある歳上の既婚女性に惹かれていて、もっぱら普段見るAVも必ず熟女モノです。

 

とにかく出会い系サイトを利用している五十路熟女たちは、歳下の男性が好きだと紹介されていて、これなら普段は全然モテない僕でもチャンスがありそう!

 

最初の頃はほとんど女性たちとのやり取りまでが出来なくて、途中で止めようかなとまで考えましたが、やっと最近は知り合えるようになれました。

 

今から何年も前の話ですが、ハッピーメールの掲示板に、“良かったら週末に一緒に飲みに行ける人はいませんか?ご馳走しますので。”

 

とカジュアルに募集をかけたところ、ある歳上の女性からすぐにメールが来ました。

 

“私も歳下の男性と仲良くなれればと思っていたの。よかったらメールからでもやり取りは大丈夫ですか?”

 

彼女は私よりも歳上で52才の既婚女性でした。

 

子供か1人いるらしく、夫婦関係は冷え切っているらしく、三年ぐらい前からサイトを利用している都内の足立区に住んでいるみたいでした。

 

[kanren postid=”3067″]

 

五十路熟女は片平なぎさ似で僕のタイプ

 

“たまにサイトで募集したりするの?”

 

 

“いえいえ、彼女とは別れたばかりで寂しくなっちゃって今回は思い切って募集をしたのです”

 

頻繁に出会い系サイトで募集をしている男性なら、不特定多数を相手にしていると思われて嫌われてしまいますから…

 

何となくサイト内でのメールを続けていると、彼女の方から、

 

“そろそろラインでもしてみない?写メ交換もしたいから(笑)”

 

と言われたので思わずラッキーと呟いていました。

 

毎回の女性たちとのサイト内のメールのやり取りは、経済的にも大変ですから。

 

ラインのやり取りが始まって直ぐに写メ交換をすると、思っていたよりも明るくって元気そうな感じの写メが送られてきてホッとしました。

 

ラインが始まるとあっという間に仲良くなって、知り合って3週間目には一緒に飲みに行く事になりました。

 

待ち合わせ場所の大塚駅で待っていると、やり取りしていた彼女が現れました。

 

結構僕のタイプの女性だった♬

 

少しグラマーな感じの女性で、少し前の片平なぎさ似の大柄でバストも大きく、涼しげなジャケットを着ていて、見た目は40代前半に思えるぐらいで、とても明るそうな雰囲気でした。

 

それから近場のさくら屋という和風の個室居酒屋に行って、いろんな話をしました。

 

“絶対に若く見られますよね”

 

“これでも主婦なんだけど(笑)

 

適当に恋愛を楽しんでいるから若さを維持しているのかもね”

 

どうやら彼女も、出会い系サイトならではの遊び方を知っているよう。

 

“ご主人とは仲はいいのですか?”

 

“旦那は浮気ばかりして、もうとっくに興味がないんだけどね~

 

私の遊びも半分は公認みたいだし、いろんな話をしてると会話が弾み、お互いに目的も同じみたいですっかり仲良しになっていました。

 

彼女も僕には関心があるみたいだし…

 

思い切って、

 

“もう少し秘密の時間を過ごしたくなっちゃいました”

 

“エッ…どうしようかな~”

 

[kanren postid=”1929″]

 

アナルセックスで何度でも

 

彼女は迷ってるそぶりを見せましたが、そのまま近くのビアンカというホテルへ連れて行くと、部屋に入る頃にはすっかりその気になっていました。

 

部屋の灯りを暗くすると、

 

彼女の方から服を脱ぎ出して身体をすり寄せて来たので、そのまま抱き合ってゆっくり時間をかけて深いキスを楽しみました。

 

“早くベッドで抱き合いたくなっちゃった~”

 

どうやら彼女も身体に火がついてみたいです。

 

急いでシャワーを浴びて、ベットで彼女を待っているとバスタオル姿の彼女があらわれました。

 

ベッドでの彼女はかなり予想どおり身体に火がついてしまっていて、大きなお尻を抱えながらバックから突き上げる頃には、何度も大きな声で絶頂を迎えていました。

 

“やっぱりバックからって素敵…今日は何度もバックからお願いしたいわ。”

 

どうやら彼女はバックからされるのが好きらしく、その後は正常位ではイカないけどバックからになると直ぐに何度も昇りつめていました。

 

ハッピーメールの熟女はアナルセックス好きが多いようです。

 

彼女を見てると、あらためて女性が羨ましくみえて、エッチの楽しみ方を知っている女性は貪欲に快楽を求めてきます。

 

気がつくと3時間ぐらい、休みなしに何度も後ろから彼女をつき上げていました。

 

同じ遊ぶなら、やっぱり経験豊富な熟女がいいです。

 

まだまだ出会い系サイトで、いろんな女性たちがいますから。

 

僕のような普段はモテない男性でも、五十路熟女たちからは歳上というだけで遊び相手にしてもらえそうです。

 

ハッピーメールで出会った熟女はアナルセックスを猛烈おねだり!

 

僕は出会い系利用については運がいい方かもしれない。

 

出会い系に入会してもなかなか出会えない人が多いみたいなのに、僕は結構出会えてヤリまくっています。

 

もしかしたら五十路熟女に的を絞っているからなのかもしれません。 

 

ハッピーメールのアダルト掲示板で検索

 

僕は、本当に女性に縁がなかったんだ。

 

仕事もパッとしないし、散々だった。

 

そんな僕が、女性のぬくもりが感じたくて(つまりはセックスしたくて)出会い系サイトのハッピーメール利用し始めたのです。

 

出会い系って言っても本当は出会えないんだろう?って思ってる人も多いかもしれない。

 

だけど、僕の場合はいつも簡単に出会えるんだ。

 

僕でも出会えるんだからハードルはそんなに高くないと思うんです。

 

僕が利用しているハッピーメールには、沢山の女性が恋をしたくて・あるいはセックスがしたくて登録をしています。

 

今日はどんな五十路熟女に出会えるだろうか…。

 

「今日はアダルト出会い掲示板を検索してみるか」

 

アダルト掲示板は要注意!

 

援デリ業者がうようよしていそうですが、ダメ元出トライ!

 

[kanren postid=”2458″]

 

沢口靖子似の五十路熟女はアナルセックスが大好き

 

 

写真を載せている人もいるけど、正直あまりあてにできない。

出会い系では適当に修正して写真をのせている人は多いのですが、それでもたまにはっとすることがあるんです。

 

その中で僕は、一人の女性に目が釘付けになった。

 

それもそのはず、沢口靖子にそっくりなのだ…!

 

さっそく募集内容を見てみる。

 

「変かもしれないけれど、お尻がとってもうずきます。誰か私のお尻を犯してくれませんか?主人には言えず悶々とした日々を過ごしています…。」

 

こ、こんなに綺麗な人がアナルセックス…?!

 

きっと業者に違いない!

 

しかもよく見ると年齢も50代前半…嘘だろ?!

 

僕の大好物の五十路熟女だ!

 

僕はドキドキしながらメールを送った。

 

業者かもしれないけど僕は自分を押さえることが出来なかった。

 

「はじめまして^^勇太と言います。凄く綺麗な人だなと思って思わずメールしちゃいました。それに…こんなに綺麗な女性のアナルを犯せるなんて、考えただけで興奮します。あなたにお会いしたいです。メール待ってます。」

 

…お、送ってしまった~!!

 

あとは返事を待つだけ…と思ったらもう返事が!

 

「勇太さん、はじめまして。メールいただけて嬉しいです。こんな私でよかったら、気の済むまで犯してください…。」

 

やばい…僕の股間はもうギンギンに硬くなっていた。

 

彼女とメールをやり取りし、明日の昼間に会うことに決まった。

 業者でもかまわない。

 

僕の息子はマックスだ!

 

ハッピーメールの熟女と濃厚アナルセックス

 

 

待合わせは柏駅の改札前。

 

緊張する…。

 

しばらくすると、突然ふわっといい匂いがした。

 

「勇太さん?私、ハッピーメールでメールした…」

 

彼女だった。

 

写真以上に綺麗だ…!

 

「は、はじめまして!今日はよろしくお願いします!」

 

「うふふ。はい、よろしくお願いします…」

 

にこっと微笑む彼女にドキドキしながら、僕らはタクシーを拾ってホテルへ向かったのだった。 

 

着いたのはホテルシンプロン。

 

部屋に入るなり彼女はキスをしてきた。

 

「んんっ…ちゅっ…はぁ…」

 

いやらしい舌遣いでねっとりと僕を責めてくる。

 

僕は興奮を抑えられず、彼女の着ていた上品なシャツとセクシーなランジェリーを乱暴に脱がせた。

 

「あんっいやん…」

 

「本当に嫌なの?犯してほしかったんでしょう?」

 

ぷるんっとした小ぶりな乳房に僕はむしゃぶりついた。

 

「あぁん!いやぁ!もっとぉ!」

 

「嫌なの?いいの?どっち?」

 

可愛らしくぷくぅと膨らんだ乳首を、ぐりぐりと摘まむ。

 

「あひぃ…!い、いいの、気持ちいいのぉ!んっ…あぁっ!」

 

「勇太さん、我慢できない…ここ…お尻におちんぽちょうだい…!」

 

 

彼女はそう言うと尻を突き出し、ふりふりと僕を誘った。

 

僕は堪らず彼女のスカートをたくし上げパンティーをずらし、遠慮なく僕自身をずぶりとぶち込んだ。

 

ずんっ!

 

そこは、使い込まれているのかすんなり僕を受け入れた。

 

ずちゅっぐちゅっぐちゅっ

 

「あっ!いぃ!おけつまんこ気持ちいぃのぉ!主人以外のおちんぽで気持ちよくなってごめんなさいぃ…っ!」

 

絶叫に近い声でよがり狂う彼女の中は、まるで逃しはしないとでも言うようにきゅうきゅうと僕を締め上げた。

 

「ご主人以外のおちんぽの味はどう?ほら、言ってごらん!」

 

華奢な身体に見合わないぷりんとした大きな尻を思いっきり叩いた。

 

「ひぃっ!あっ、お、美味しいですぅ!おちんぽおいしいのぉ!おけつまんこがおいしがってるのぉ!!」

 

(くっ…どんどん僕を締め付けてくる…っ!もう我慢が…!)

 

「あぁ~イく!だめ、イっちゃう、イっちゃう~あぁ~…っ!」

 

そう彼女が叫ぶと同時に、どぴゅどぴゅっ!!と僕も果てた。

 

それからも時々彼女に会っては、濃厚なアナルセックスを楽しんだのでした。

 

これはまさに奇跡的な出会いでした。

 

僕は調子に乗ってアダルト掲示板をその後も使ってみたが、まんまと業者に引っかかってしまった。

 

2匹目のどじょうはいませんでした。

 

2匹目のどじょうを捕まえることは出来ませんでしたが、使い方を間違わなければ必ず素人女性と出会えます。

無料登録はこちらから

 

ハッピーメール公式サイトへ

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました