pcmaxで見つけたセフレは美人揃いの熟女も今は夢の跡

pcmaxで出会った熟女たち。

セフレいない歴1年の僕には懐かしい思い出です。

 

セフレがいれば昔を顧みることもあまりないのですが、なかなか最近はできないので……..

 

そろそろpcmaxでセフレを見つけたいと思っている今日この頃です。

 

pcmaxでセフレになった高島礼子似の熟女の思い出

 

出会い系で知り合った熟女たちは、皆が皆遊び慣れているわけではないのです。

 

初めての浮気でドキドキしながら現れる人もいるのです。

 

僕はそういう場慣れしていない初々しい熟女が大好きです。

 

pcmaxで熟女と知り合うきっかけは掲示板

 

“これから先は、どうなってしまうのか、ちょっと不安なんだけど…”

 

初めて彼女とラブホで結ばれた時の、彼女の言葉がとても印象的でした。

出会い系サイトに登録をしている熟女たちも、皆が浮気経験者というわけではないです。

 

初めて旦那以外の男性と仲良くなって抱かれる時は、既婚女性たちはやっぱり不安になってしまいますし、自分の中にある罪悪感に苦しんでいるみたいです。

 

 

でも、一度その壁を超えてしまいますと、禁断の蜜の味にすぐに虜になってしまいますから。

 

それだけ大人の恋は、刺激的で普段ブレーキをかけている理性が、簡単に崩れてしまうぐらいに魅力に満ちあふれています。

 

僕が彼女と知り合ったのは、PCMAXというサイトの掲示板でした。

 

僕が掲示板に、

 

“普段に知り合えない歳上の女性、特に五十路熟女といろんな話が出来ればと思っています”

 

と募集したら、しばらくして彼女からメールが来てやり取りが始まりました。

 

pcmaxでセフレにした熟女は初めての不倫に慎重だった

 

彼女は51歳の既婚女性で、ご主人とは最近、些細な事から家庭内別居になり、うさ晴らしで出会い系サイトを始めたようです。

 

“今までに、サイトで男性に会ったことはあるのですか?”

“それがですね…思い切って入会したのですが、やっぱり不安で実際に会ったことはないの(苦笑)”

 

確かに彼女とのやり取りはかなり消極的で警戒心がありありでした。

 

いろんな事を聞いてもなかなか教えてくれませんでしたし、返信も3日に一度ぐらいの回数で、知り合って3週間ぐらいしてから、やっと毎日やり取りが出来るようになりました。

 

ラインに切り替えてもらうようになったのは、1ヶ月が過ぎた頃で、とても慎重な熟女だと思って我慢していました。

 

写メ交換をするのも、それからさらに1週間が必要で、やっとの事で彼女は許可してくれて彼女から送られてきた画像は、とても小さく写っているもので、ほとんどわからなかったぐらいです。

 

ラインになると、かなり2人の距離が近づいた感じになり、プライベートな事を話してくれました。

 

ご主人とは5年前ぐらい前にセックスレスになり、熟女の彼女はその頃から性欲が高まってきたり孤独感を感じて、少し体調が不安定になったと言っていました。

 

彼女の友達から、出会い系サイトで気分転換をしたらと勧められて始めたようです。

 

“安心できる男性に会ってみたいんだけど、とっても不安になってしまうの…”

 

しばらくして

 

“良かったら昼間に映画でも見に行きませんか?”

 

と誘ってやっとの事で初めてのデートに誘いだせました。

 

高島礼子似の熟女とセフレの関係に発展

 

 

待ち合わせ場所に現れた彼女は、思っていたよりずっと若く見えるオシャレな女性で、笑うと高島礼子似のなかなかの美人の熟女でした。

 

その日は映画を見ながら、時々見つめ合ったり手を握ったりしましたが、そのまま別れました。

 

どうやら彼女は安心したみたいで、その日からラインでは恋人のような会話。

 

1週間後の2回目のデートでは池袋のシャングリラという店で食事をして、大塚のビアンカというホテルへ連れ込みました。

 

彼女はラブホは数十年ぶりらしく、かなり緊張した様子だったので、焦らずにムードを少しづつ盛り上げてから軽く抱きよせてキス。

 

しばらくはされるがままでしたが次第に反応してくれて、そのうちお互いの舌をからめたディープキスになりました。

 

キスをしながら服を脱がせますと、50代には見えない彼女の見事な胸に目が釘付けになり、スタイルもなかなか均整のとれた素敵な身体をしていたので驚きました。

 

シャワーを浴びてからベットに入って彼女を愛しはじめますと、身体を固くしてほとんど声もあげなかったです。

 

“大丈夫ですか…?

 

“私ね~、本当に主人以外の男性に抱かれるのって初めてなの…”

 

そう言いながら、初めの頃は声を出すのを我慢していたようです。

 

クンニを始めると息づかいが荒くなってきて、バックからゆっくりと突き上げると、

“アッ、スゴイ…、イっちゃう!”

 

と一気に昇りつめていきました。

 

それからは乱れっぱなし状態に。

 

彼女はかなり気持ちよかったらしく、終わった時は2人で見つめ合いながら、

 

“すごくよかったね~”

と言い合っていました。

 

この日から、彼女は50歳を超えて経験した秘密の恋に夢中になり、エッチの素晴らしさにも目覚めたようで、セフレの関係を築くことができました。

 

今回使ったサイトはpcmaxです。

会員数が多く出会い系の中では1,2位を争う出会い率の高さという男性の口コミが多いです。

真剣なお付き合い、婚活目的の使用には向いておりませんので、目的を考えた上で登録お願いします。

登録後は無料ポイントがもらえるので、運が良ければタダで出会えるかもしれませんが、ある程度の出費は覚悟しておいた方がいいかもしれません。

風俗で1回2万円を払うと思えば、断然出会い系サイトの方がコスパがいいのは明らかです。

それにプロで性欲処理は味気ないですよね。

素人女性とのセッ〇スは風俗とは比べようもない刺激と快楽です。

しかし、実際出会い系に初めて登録する人は不安ですよね。

僕もそうでしたよ。

登録が無料だからと言ってあとからお金かかるんじゃないだろうか?

僕みたいなブサメンでも本当に出会えるの?

不安でしたがとりあえず試してみようと思い登録しました。

でも最初は思うようにいかなくてメールしても返事がないしね。

来るのは怪しいメールばっかりで、多分業者だと思います。

サイト側でも業者追放で眼を光らせているけど、すり抜けてサイトに入り込んでくるようですね。

ただ、サイト側からもメールで○○を退会処分にしましたとメール連絡が来たりしていたので業者追放に努力しているみたいです。

後で気が付いたんですけど、メール出しても返事がないのは僕のプロフがスカスカだったので適当な男と判断されたんだと思います。

やっと初めて出会いの約束を取り付けて、ワクワクドキドキしながら待ち合わせ場所に行ってもすっぽかされたので、もう退会しようと思ったこともありました。

まさに継続は力です。

本記事は失敗談ですが、退会しないで継続したおかげで念願のセフレをゲットすることに成功しました。

会ってみたら写真とまるで違う!というケースもあったけど、僕もブサメンだしね贅沢は言えません。

中には結構綺麗な人もいましたよ。

pcmaxは 月額料金のマッチングアプリと違い、ポイント制なので登録して放置しても金がかからないし継続課金の恐れもありません。

尚、登録には電話番号確認と年齢確認が必要ですが、不正登録を防ぎ悪質利用者を排除するためなので必ず行いましょう。

 

PCMAX登録はこちらから

*今なら1000円分のポイントがもらえます。

【pcmaxの登録手順はこちらの記事でご紹介しています】

↓ ↓ ↓

PCMAXで人妻や熟女と出会える確率を高める各機能とその使い方

 

pcmaxで知り合った熟女は鈴木杏樹似で即セフレに発展

 

僕は出会い系で何人もの熟女と知り合いました。

 

不思議と以前出会った熟女に似ている人に巡り会うことがあります。

 

鈴井杏樹似の熟女についてお話ししますね。

 

pcmaxで知り合った熟女はTバック

 

初めてのデートに、Tバックをはいてくる熟女たちっていったい何を考えているのかな…

 

彼女たちの頭の中は、男性を魅了して抱かれる事ばかり考えているのかも。

どちらにしても、本当に五十路熟女たちは手軽に出会い系サイトなどで男性と仲良くなってしまいますし、デートを楽しんでいます。

 

そして初めて会った相手が、自分の好みならその日のうちにホテルへ行っちゃうから、その行動力には感心させられます。

 

旦那とかは、もちろん全然気がついていないようだけど。

僕が1年ぐらい前に、pcmaxで知り合った熟女も簡単に初めてのデートで身体を許してくれました。

 

セフレを探すならpcmaxがおすすめです。

 

彼女とはサイト内の掲示板で知り合ってやり取りが始まったのがきっかけでした。

 

プロフィールには、51歳の既婚女性でスタイルはナイスボディーと書かれていたので、初めは業者さんだと思っていましたが、やり取りをすると普通の主婦でひと安心。

 

“主婦なのにこちらのサイトは長いのですか?”

 

“最近の主婦は恋愛が大好きだからね~

 

それに同じような既婚男性もいっぱいだから楽しいわ~”

 

彼女は割と出会い系サイト歴は長そうで、今までに数人の男性と仲良くなったようです。

 

男性とのやり取りとかも、かなりなれているようでした。

 

pcmaxで知り合った熟女は鈴木杏樹似かと思いきや

 

プロフィールのナイスボディーがずっと頭の中に残っていて、勝手に彼女の事をイけてる女性と思い描いていました。

 

すぐにラインへ切り替えてくれて写メ交換すると、鈴木杏樹に似ていてなかなかの美貌。

なぜか僕は鈴木杏樹似の熟女と知り合うようです。

 

本当にナイスボディーなのかな…

 

でもやり取りはとても楽しく、お互いの暴露話しなどで盛り上がっていました。

 

“私ね~、脚とお尻が素敵だってよく褒められるの♫

だからお尻フェチならバッチリかもよ(笑)”

 

この言葉を聞いて会いたいと思うようになりました。

 

知り合って3週間目に一緒に飲みに行くことになり、当日待ち合わせ場所で彼女を待っていると遅れて彼女が登場。

 

写メだと鈴木杏樹に似ていていい感じだったけど、実際会って見ると…ブスだった(苦笑)

 

しかも想像していたほど、ナイスボディーでもなさそう。

 

顔はお笑い芸人にいるような感じで、一応、ピチピチのスキニーデニムをはいてヒップをアピールしていましたが、小柄で全然イケてなかったです。

バストはまずまずなんだけど、髪型も普通のおばさんっぽく、顔はシミが目立ってた…

 

それでもなんとなくで、CARTAという雰囲気の良いレストランでまずは食事をする事になりました。

 

旦那とは寝室とかは別々なのですか?

 

もちろんよ~ でも酔っ払って帰って来た時などは、明け方に寝込みを襲われたりしちゃうの…。お酒を飲んでるからほとんど立たないんだけど(笑)

 

51歳で、まだ旦那に身体を求められるのって、やはりそれなりにナイスボディーなのかなって思ってしまいました。

 

ワインの勢いで、会った時よりも彼女が魅力的に思えてまぶしく見えて来たから不思議です。

 

二人とも酔っ払ってきて試しに彼女に身体を寄せると、彼女の方からくっつけてきたのでもう誘うしかないと思ってしまいました。

 

熟女のTバックに発情しセフレへ発展

 

店を出ると彼女は手を握ってきてので、そのまま近場のルージュというホテルへ。

 

彼女はホテルには慣れている感じで、部屋に入ると器用にBGMをちょっと静かな音楽に合わして、部屋の明かりを暗くして自分で服を脱ぎ出しました。

 

ビックリ!白のTバックでした。

 

Tバッグが魅力的

大きめのお尻に食い込んでいましたが、Tバック姿を見て一気に彼女が素敵に思えてきました。

 

普通のおばさんなのに、この歳でTバックをはいているからなかなかすごいです。

 

お腹の肉は少しばかり気になりましたが、薄暗い部屋で後ろから彼女の下着姿を見るととてもエロすぎ。

 

やっぱり女性って…身体がポイントなんだとつくづく思ってしまいました。

 

街で会っても、完全にスルーしてしまうぐらいのプス系で取り留めて魅力を感じないおばさんなのに。

 

なのにエッチの前にTバック姿を見せた瞬間に抱きたくなるから、下着の効果はすごいです。

 

おかげで、Tバックを脱がせる時はかなりドキドキで、ベッドでは興奮して夢中で彼女を抱き続けていました。

 

彼女の身体は、やはり全体が垂れ気味で、あまり抱き心地は良くなかったですが。

 

初めてのデートの時に、Tバックをはいてくるのは、間違いなく彼女の作戦で、まんまと作戦どおり発情してしまいました。

本当にどこにでもいる普通のおばさんなのですが、唯一で最大の武器をアピールする熟女たちには、いつも驚かされます。

 

当時僕はセフレが居なくて女性に飢えていたので、それから3週間後に会う約束をしました。

セフレを一人確保していると気持ちにゆとりが生まれます。

 

その後も数回セックスを楽しみましたが、いつの間にか連絡が取れなくなってしまいました。

 

男好きするタイプなので、きっと別の男とセックスを楽しんでいるのでしょう。

 

pcmaxでセフレにしたのは樋口可南子似の五十路熟女

 

出会い系って本当に出会えるの?

皆さんそう思いますよね。

 

僕も出会い系については、半信半疑でした。

 

出会い系初心者のころのある出会いについて回想します。

 

pcmaxに半信半疑でアクセス

 

今では、出会い系のPCMAXで、五十路熟女と出会い大人の関係を築くことはそれほど難しい事ではないと体感しています。

 

 

でも、出会い系初心者のころは、出会い系に対して期待はしていなかったというのも事実です。

 

運が良ければという思いで出会い系を使っていたころのお話です。

 

今から6年前の事。

 

今日はせっかくの休みだというのに、生憎の雨だった。

 

天気が良ければ近くのショッピングモールに行こうと思っていたが、こんな雨では仕方がないし外に出る気力も無かった。

 

そこで、僕はいつもの暇つぶしをする。

 

pcmaxという、出会い系サイトだった。

 

結構前から登録しているが、どうせ誰とも出会えないんだろ、サクラばっかりなんだろう…と考えてしまって、なかなかまともにやる気が起きない。

 

変にこっちが熱量を持ってやってしまうと、肩透かしを喰らったときに猛烈に恥ずかしくなりそうだったからだ。

 

pcmaxの五十路熟女はまるで樋口可南子

 

「今日ぐらい…やってみるか」

 

初めてプロフィールページをいじってみた。

40代、男性、未婚。好きなタイプは年上。

 

趣味は買い物とカフェ巡り。

 

ここまで書いて、なんだか女子みたいな趣味だとすこし可笑しくなった。

 

これまで実は、ほとんど女性に恵まれてこなかった。

 

なので、ほとんど経験もない。

 

それが異様に恥ずかしいので、実際このサイトで会うという話の流れになっても、会うというのはかなりの勇気がいる。

 

するとすぐに、メッセージが来た。

 

「はじめまして。年上の女性が好みだということで、勇気を出してメッセージを送ってみました。なかなかこのくらいの年齢になるとあまり男性からは必要とされることがないから…。まずは写真だけでもみてもらえませんか?」

 

よくある、サクラからのメールだろうと思った。

 

しかし、写真をみると樋口可南子のような綺麗な顔立ちのように見える

 

ぼかしが入っているので、はっきりわからないけど、綺麗な顔立ちと想像できる。

 

どうせ、遊びで登録しているだけで実際に会うことは無いのだから、軽い気持ちで返事してみることにした。

 

「はじめまして。年上の女性、好みです。とてもお綺麗なんですね」

 

とりあえず、この程度にしておく。

 

「ありがとうございます。年上といっても、私はもう50代なので、貴方にとってはもう対象外かもしれませんね。」

 

「ところで、お住まいもお近くのようですね。今日は雨がひどいです。何をされて過ごしていますか?」

 

文章からも育ちのよさがわかる。

 

しかも、今日この地域が雨であることも知っている。

 

これは、サクラではなくて実際に存在する女性なのでは、と思えてきた。

 

単純である。

 

pcmaxであっという間にセフレへ

 

「そうですね、酷い雨です。天気さえ良ければ出かけようと思っていたのに。」

 

 

するとすぐに返事が来た。

「私もです。今日は出かけようとしていたのに…どこにもいけなくて、暇だなと思いながら過ごしています。」

 

ここで、ちょっと一発ジャブを打ってみようと思った。

「今日、僕がこれから会おうと言ったら、会えますか?」

 

さすがに10分くらい返事がなかった。

 

「おまたせしました。どこですか?」

 

びっくりした。どこにも出かけられない、といっていたのに今日ネットで知り合った男のために外に出る気なのだ。

 

「いや、冗談です。ありがとうございます」

 

ついそう送ってしまった。

 

「え、そんなのって無いです。私、もう貴方に会うって決めたから。どこにいけばいいですか?」

 

「じゃぁ…そうだな、渋谷のハチ公前で…」

 

驚いた。こうして僕は樋口可南子と会うことになったのだ。

 

「はじめまして」

 

ハチ公前で声をかけてきた女性は、まさに画像そのままだった。

 

「は、はじめまして」

 

まさか、興味本位で暇つぶしではじめたことが、こんな美女との出会いに繋がるとは。

 

出会い系とはいったいどうなっているんだ。

 

しかも、やりとりを始めてからまだ6時間も経っていない。

 

日常生活で、はじめましての異性とこんなに短時間で2人きりになるというシチュエーションは願ってもなかなか実現できるものでは無い。

 

「どこにいきますか?」

 

「そうですね、食事をして…そしたら僕また渋谷駅まで送りますよ」

 

「えっ」

 

女性の顔色が変わった。

 

「食事だけですか?」

 

とたんに、自分の下半身が元気になったのがわかった。

 

当然この後は、食事なんてすっとばして渋谷のラブホテル街に消えていった。

 

こんなに早くに、おいしい思いができることがあるだろうか。雨の日の娯楽としてもぜひ、出会い系サイト、おすすめしたい。

 

その後何回か渋谷でセックスすることになるのですが、こんなに簡単にセフレに出来たのは以後ありません。

 

もうかれこれ1年以上もセフレがいない状況なので、あの頃がとても懐かしいです。

 

夢のような日々でした。